マグネシウム事業部は
マグネシウムの原料生産と製品開発、自社及びパートナーとの連携による
生産活動により、市場を、時代をリードします

マグネシウムの将来性

マグネシウムは、鉄(近代製鉄200年)、銅、アルミニウム等の汎用金属に比べて、歴史が浅く(合金→構造材料は実質40年)量も少ない(現在、すべてのマグネシウムで100万t/年あまり)金属です。
ただし、実用金属の中で最も軽く、減衰性、放熱性、電磁波シールド性等に強い特徴を持つ有用な金属です。
マグネシウム事業部は、様々な技術開発のもとに、より社会のために、ユーザー様のために、より有効なマグネシウム合金を開発し、皆様のお役に立ちたいと考えております。
時代は、特に輸送機の世界では軽量化が求められており、日本マテリアル製の完成度の高い構造材原料が『安心して使える』マグネシウム素材として、使われる日を夢見ております。

マグネシウム事業展開を狙う当社の取り組み

  1. 非金属介在物の少ない、構造材として使える(時間劣化の少ない)
  2. 熱伝導率が高い
  3. 世界初のカーボン入り(特許取得済)
世界初のカーボン入り
マグネシウム合金

エリア別マグネシウム製品生産能力MAP

日本マテリアル株式会社のマグネシウム生産工場

日本に2工場、中国に1工場の自社の生産活動拠点を持ち、
研究開発から分析、インゴット生産、チッピング、製品化に至るまで一連の事業展開を構築。
アジア全域の幅広い情報収集力を有します。

中国安徽省蕪湖工場

日本式生産管理体制にこだわり、当社100%出資でその品質を実現。マグネシウムインゴットの生産に特化した工場

岐阜県土岐工場

マグネシウムのスクラップを回収し再生する工場。日本の中心位置の地の利を活かし、全国のお客様に効率よく対応。
国際品質ISO9001認証取得

岡山県総社工場

日本でも有数の分析器を保有し、優れた設備を誇る。技術に特化したマグネシウムの生産開発から製品開発までを行う

韓国企業との提携により生まれた自社グループの生産拠点。
マグネシウムのリサクルから再生チップの製造に優れた能力を発揮します。

INTEC工場

韓国No.1の能力と品質を誇るマグネシウム再生工場。2012年より提携工場となり当社の技術指導のもとで品質の安定化を図っています。